BABYMETAL Sonisphre(ソニスフィア)メインステージでの公式動画発見!kami


Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/orionis/babymetal.me/public_html/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

Sponsored Link


BABYMETALが初めて海外のメタルフェス出演を果たした2014年7月5日開催の「Sonisphre(ソニスフィア)」。

BABYMETALに取って今年一番の大きな出来事だったのかも知れませんね。

私はこの頃はまだBABYMETALがどんなグループなのかも知らなかったので、後になってから知ったわけですが、出演が決まったときのファンの盛り上がりってすごかったんでしょうね。

私がようやくBABYMETALのサウンドを耳にすることになったのは“LADY GAGA”のオープニングアクト、「HEAVY MONTREAL(へヴィーモントリオール)」出演が決まった頃だったので。

で、先日Youtubeを色々と見ていたらソニスフィアの素敵なYouTube動画を発見しました。


BABYMETAL Sonisphre(ソニスフィア)のライブ映像


BABYMETAL SONISPHERE youtube動画
これまではオーディエンスが客席から撮ったような映像しか観たことがありませんでした。

まあ昔だったらそんな映像観ることができなかったので、ネットが発達した今の時代ってほんとに便利だなーと思いますが。

Xを追いかけていた頃は当然ネットなんかなく、公式発売されている映像や音源しか聴けなかったですからね。

YouTubeが流行りだした頃は、Xの昔の映像を探しては観ていたものです。


で、BABYMETALソニスフィアの映像ですが、やっと公式のものを発見しました。

ソニスフィアメインステージでのラスト「イジメ、ダメ、ゼッタイ」を1曲まるまる聴くことができます。

冒頭から7分くらいまでがBABYMETALの映像になります。

放映されたものなので当然音も映像もばっちり編集されています。

知っていた人は知っていたの知れませんが、私は初めて観たのでかなり感動しました。


・Sonisphere Festival Knebworth 2014 Highlights – Part 2




「Sky Arts」というたぶん日本でいうところのWOW WOWみたいなものだと思うんですが、そこで放送されたハイライト映像のようです。

BABYMETALはプロモみたいなかっこいい編集がされている素敵な映像になっていて興奮ものです。

特別扱いされてる気がするのは私だけでしょうか(笑)


しっかりライブまんまの音ですし、SU-METALのボーカルも、神バンドの演奏も堪能できます。

ソロのときはしっかりギターの手元のアップになってますし。

しかし、ライブの音を聴くと改めてSU-METALの歌唱力に驚かされますね。

YUI-METAL、MOA-METALの2人もかなり安定していますよね。

ダンスパフォーマンスがバッチリなのは言わずもがなですが。


そして、オーディエンスは思った以上に盛り上がってたんだなーということもよくわかります。

いやー、この映像は素敵だなあ。

Sponsored Link


もちろんメタリカの映像も


metallica sonisphere 2014
他の出演アーティストは

HIM(6:50~)
BAND OF SKULLS(10:45~)
FRANK TURNER(15:00~)
DROPKICK MURPHYS(24:40~)
GARY NUMAN(27:45~)
DEFTONES(31:25~)
THE WINERY DOGS(39:00~)
ALICE IN CHAINS(50:15)
METALLICA(56:30~)

ドロップキック・マーフィーズとか懐かしいですな。

他に注目すべきはザ・ワイナリー・ドッグスですかね。

HR/HM界ではビッグネームなMR.BIG、POISONに在籍していたリッチー・コッツェン、MR.BIGのビリー・シーン、DEREAM THEATREのマーク・ポートノイからなるスーパーグループ。


…ですが、音楽的にはMR.BIG的なベタな王道ハードロック。

あまり聴きどころはありません(笑)

リッチーは相変わらずイケメンです。

確かPOISONのドラマーのリッキー・ロケットの彼女を寝取ったとかでバンドをクビになったんですよね(笑)


メタル講座③でも書いた”グランジブーム”の代表的なバンド「アリス・イン・チェインズ」もいます。

メタルとグランジの中間的なバンドでしたね。

ボーカルがアフロになっててビックリ。


そして、最後はヘッドライナーのメタリカ

Battery、For Whom The Bell Tollsの2曲が聴けます。


でも、ヘッドライナークラスがメタルバンドばっかりだったのでてっきりメタルフェスかと思っていたら意外とそうでもないんですね。

まあその方がBABYMETALの出演はより”熱い“ですけどね。


というわけで、結構色々と楽しめる動画になっています。

お時間あるときにでも是非。

Sponsored Link


8 Responses

  1. 匿名
    匿名 at · · Reply

    このころ、関連スレは一番盛り上がってたかな?
    どうなるんだって心配してたら堂々としたあのすぅの姿
    公式で上がったときも勿論話題になりましたね

  2. ビギナメタル
    ビギナメタル at · · Reply

    管理人さん、ありがとうございます。
    実は、私は同動画を何回も視聴していたんですが、管理人さんは初めて観たということでしたので、その感動、私も同じだったもので、ついカキコしちゃいました。
    でもベビメタって、初参加でここのメインステージに立ったんですから、その方が私的には感慨深かったです。

  3. ぽんぽこ
    ぽんぽこ at · · Reply

    私もこの動画は数十回見ていますが、↓の方が高画質ですよ。

  4. #######
    ####### at · · Reply

    アジアの東の果ての小さな国からやって来た3人の少女が、ステージに姿を現した時の怪訝な雰囲気から演目が進むに連れ、彼女達が何者なのかに気付き始める聴衆、その空気の変化に連鎖してカメラワークも変化して行く、大ビジョンに映し出される画にはSU-METALのアップが多くなり、人々の目は釘付けとなる、臆する事なく歌い上げる16才の少女の美しき姿は、人々の心を揺さぶり、やがてそれを熱狂へと変えて行った。
    少女の外連味と純真、情熱と気魄が、頑強な壁を突き崩し、6万人のWe want more! の声が、メタルの聖地に若き女王が誕生した事を告げた瞬間である。

Leave a Reply