BABYMETAL”ベビメ大陸”2012年初海外ライブの裏側ドキュメンタリー動画

Sponsored Link


ベビメタ初心者の私にはなかなか興味深い動画を発見しました。

2012年の11月にBABYMETALが初海外公演を行った際のドキュメンタリー動画です。

ライブの裏側や3人のオフショットが満載で今では見られない珍しい映像です。

いつもの如く知ってる方もいるかも知れませんが、知らない人もいるかも知れないってことで紹介してみたいと思います。


BABYMETAL 2012年シンガポール公演 ライブとドキュメンタリー動画


babymetal 2012年シンガポールドキュメンタリー
海外初公演となった、シンガポールで2012年11月9日から11日まで開催された「Anime Festival Asia 2012」(AFA2012)のときの映像です。

「AFA」はアニメを中心とした日本のポップカルチャーを紹介するイベントで、シンガポールのSOZOと電通シンガポールが2008年から続けているそうです。


この日BABYMETALは4曲を披露。

1.ド・キ・ド・キ☆モーニング
2.いいね!
3.ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト
4.ヘドバンギャー!!
5.イジメ、ダメ、ゼッタイ


・BABYMETAL LIVE IN SINGAPORE 2012 AFA




今と比べるとソフトな印象ですね。

やっていることは基本的に変わってないんですけど、今の方がクオリティが高いのはもちろん”ロック“してる感じがあります。

オーディエンスのノリも含め、あくまで”アイドル“だったんだなーというのが見て取れます。


・ライブ出演後のコメント




と、シンガポール公演のことを語っています。

YUIMETALちっさっ!笑

そして、3人がアイドル過ぎてどういう顔をして映像を見ればいいのかわかりません(笑)

純粋でキラキラしていて薄汚れた大人の目には眩しいです…。

この頃はまさか今のようなロックな展開になるとは思っていなかったでしょうね~。


そして、ドキュメンタリー映像ですが、YouTubeにはなかったのでこちら↓をご覧ください。

「BABYMETAL Newswire」というBABYMETALの海外ニュースサイトです。

facebookページもあるんですが、なかなか良いサイトです。

承認制なんですが、とりあえず”いいね!“しとくといいと思います。


ベビメ大陸』というタイトルのこちらの映像。

渋谷のタワレコで2013年1月12日に『神降臨!BABYMETAL「初の海外ライブを目撃せよ!」-Anime Festival Asia 2012ライブ上映会-&ミニライブ!!』と題して行われた「イジメ、ダメ、ゼッタイ」発売イベントで特別上映されたとのことです。

今ではなかなか見ることができないライブの裏側オフショットが満載です。

テレビで放映でもされたのかと思ったら、AMUSEが作ったものみたいですね。

楽曲もそうですが、すぐパロっちゃう感じはやっぱり好きです(笑)

babymetalシンガポール公演
ベビメタ3人の私服姿なんて初めてみましたね。

まあオフショットに関しては特に感想も何もないんですが、サイン会なんてやってたんだなーと少し驚きました。

先日紹介した「音楽主義」のKOTAMEBAL氏インタビューで「握手会はしたくない」と言ってましたが”サイン会“はやっていたのかと(笑)

というわけでこの頃のBABYMETALはどう見ても”アイドル“なわけで、今とは全然在り方が違いますよね。

この頃神バンドはすでに降臨していたんですが、ここでのライブは神バンドはいません。

骨バンドの映像も何度も観てはいたんですが、最近はあまり観かけなくなっていていて、やはり神バンドと骨バンドで全然違いますね。

この頃のベビメタだとハマることもなかったかも知れません。

楽曲やパフォーマンスは変わってないんですけど、演出の方向性で全然違ってきますよね。

そういう意味でなかなか興味深い映像でした。


そして、空港に着いたときの映像にKOBAMETAL氏を発見

kobametal小林啓
中央に映っているマスクで長髪を後ろで結んだ男性、小林さんですよね(笑)

やっぱりプロデューサー感は全くなく、バンドマンみたいですね。

ガラ悪そう…。

いいと思います。

Sponsored Link


今日のメタル


ベビメタにハマって以来、またメタルを聴くようになり、今まで聴いてこなかったようなバンドまで聴いています。

で、最近興味を持ちつつあるのがデスメタルブラックメタル

そっちは基本デズボイスガテラルボイスを使うバンドばかりです。

言ってもメガデスくらいのメロディがあるバンドじゃないと聴けなかったので、今まで全く聴いてこなかったんですけどね。

その頃に比べると音楽の幅はかなり広がっているんですが、そういう意味で聴けるようになったのかも知れません。

あと、単純にジャケットがかっこいいっていうのもあるんですが(笑)


・Obituary – Threatening Skies(1997)




デスメタルの代表的なバンド「Obityuary(オビチュアリー)」。

1984年、Executionerとして結成し、86年にバンド名をXecutionerに改名。

さらに88年のロードランナーとの契約の際にObityuaryに改名。


Obituayというとガテラルに近いデスボイスなイメージなんですが、97年発売のこのアルバムではだいぶ聴きやすくなっています。

HR/HMが全然流行らない時代だったわけですが、この年に解散

そんな事情も感じさせますね…。



このバカっぽいジャケ最高(笑)


ですが、2003年に再結成しています。

その頃からメタルが復活の兆しを見せていたわけなんですが、同様な動きを見せているメタルバンドは非常に多いですよね。

昔程ではないにしても今のメタルの状況っていうのは90年代後半に比べると全然良いです。

ベビメタがその頃に活動していたとしたらまた全然違った結果になっていたのかも知れませんね。

Sponsored Link
 


16 Responses

  1. かれー
    かれー at · · Reply

    ベビメタ大陸よかったです。
    3人ともメチャかわいい!
    たしかにシンガポールでのライブはアイドルのライブの雰囲気ですね(笑)

    私はそもそもアイドルはたまにいい歌があると聴いたりする程度なのですが、その中でかつてSU-METALが在籍していた『可憐Girl’s』というアイドルユニットが好きだったんですよね。

    神バンドでベビメタに興味を持ちyoutubeで動画を漁っていたところ、ライブでの『可憐Girl’s』の歌を見て初めてSUZUKAだったと知りました。
    『可憐Girl’s』がMOA、YUI共にこの世界に入るのに大きな影響を与えたということも知り、”アイドル”としてもベビメタを認めてしまっていたんですよね。

    なのでよく言われるアイドルなのかメタルなのかという議論は、私にとってはアイドル『でも』ありメタル『でも』あるということです。
    どっちか1つでしかダメだという理由はないですもんね。

    もし神バンドの存在を知らなかったらベビメタを単にアイドルユニットとしてしか認識できなかったとは思いますが、それでも私は聴いていたと思います。
    結果どっちにしても聴いてたってことですが・・・^^;

    話変わりますが、ドキュメントのEDに葉加瀬太郎の曲がかかると何でもジーンとくるから卑怯ですよね(笑)

  2. C3
    C3 at · · Reply

    管理人さんもついにデスメタルを聞き始めましたか。
    一応ベビーメタルの三人にも好きなバンド(インタビューで答える時用の設定)があります。今だとメタリカさん、アイアンメイデンさんになってますが。ご存知でしたらすいません。
    SU- アーチエネミー(メロデス)
    YUI- カンニバルコープス(王道のデスメタル)
    MOA- ベヒモス(ブラックよりのデスメタル)
    一度聴いてみてください。

  3. NON
    NON at · · Reply

    たまたまredditのBABYMETALスレッドを見ていたら、この映像の件がトップに出ていたんで、すぐにYOUTUBEで視聴したんですが、日付が2013年01月になっていてちょっと不思議でした(これまで話題になったことがない映像だったので)。で、もう一度見ようとしたら非公開になってしまいました(現在は削除されているみたいです)。
    映像の所有者(関係者?)がYOUTUBEに1年ほど前に非公開(または限定公開)でアップロードしていたものが、一時的に「公開」状態になって流出しちゃった、ということなのかもしれません。

    ライブ終了後に、YUIMETALとMOAMETALが、かなり消耗している(そして、すぐに元気になるw)のが印象に残りました。あの5曲をぶっ通しでやれば、そりゃ疲れるわw。ステージのダンスは全力だし、リハを見ても真剣で”やらされている感”はゼロ、すでに完全にプロですね。

  4. kablogkun
    kablogkun at · · Reply

    Obituaryはかなり良くて好きですが、ジャケットが私は駄目です。(笑)
    ベビメタ大陸は初めて見ましたが、舞台裏をこれほど詳しく見た事が無かったので、ファンにとってはお宝映像ですね。(涙)
    早くアジアツアーをやってあげて欲しいが、1万人くらいの会場は簡単にソールドアウトになるんじゃないかなと思います。
    私はこの頃見ていても間違いなくファンになっていましたね。私にとっては中元すず香が全てであって、申し訳無いがゆいもあも神バンドもおまけなんです。むしろ中元すず香の次に好きなのはKOBAMETALであり、MIKIKO先生なんです。
    ヘビメタファンが聞いたら怒られそうですが、これが本心です。
    当然、可憐girlsも大好きで、中元すず香のソロが一番好きなんですが、それがカバー曲だというのがミソです。
    聴いてて癒され、楽しくなり、元気が出る歌手なんてあまりいませんからね。
    個人的には愛愛コンビを従えたBABYMETALも見てみたいし、ドラゴンフォース等ヘビメタ界の重鎮?等との共演も見てみたいDETH。

  5. MAYBEE-METAL
    MAYBEE-METAL at · · Reply

    ベビメ大陸は渋谷タワレコのカットアップスタジオでイベントを行った時に2回だけ放映されたものです。
    画質が良かったのなら関係者が出してしまったのでしょう。
    BABYMETALはライブを重ねる度に会場が大きくなりますが、この時の至近距離で見た三人を思い出して感慨にふけってしまうんです。

  6. ^_^ ^_^ ^_^
    ^_^ ^_^ ^_^ at · · Reply

    SUZUKAは可憐のメンバーで一番年下でしたが、当時すでに三人の中では、歌・ダンス共に突出したポテンシャルを見せていましたね、そして度胸も。
    解散後、その潜在能力の高さに惚れ込んだ小林啓氏が、SUZUKAの為に二人の天使を帯同させるイメージで創り上げたのがBABYMETALです。

  7. ^_^ ^_^ ^_^
    ^_^ ^_^ ^_^ at · · Reply

    余談ですが、当時小林啓氏はアミューズのメタル部門担当からアイドル部門へと担当変えになっており、生粋のメタラーである小林氏にとっては屈辱だったでしょう。しかし、それが有ったからこそ、中元すず香と小林啓の二人は邂逅を果たす事となるのです。そしてSU-METALとKOBAMETALと言うメタル・ネームを纏い、後に世界を巻き込む巨大なムーブメントを引き起こす当事者となる訳ですが、何か運命的なものを感じますね。

Leave a Reply