BABYMETALのゴールドディスク受賞はすごいの?過去現在のCD売上枚数の違い

Sponsored Link


BABYMETALの音源話が続いております。

昨日は新譜『LIVE AT BUDOKAN』の売上ランキングなんかについて書いたんですが、今日は1stアルバム『BABYMETAL』について。

つい先日見事『ゴールドディスク』認定を受けたわけなんですが、実際それってどれほどのものなんでしょうか。

過去現在のCDの売上枚数の違いなんかも気になるところです。


1stアルバム『BABYMETAL』がゴールドディスク認定!


babymetalゴールドディスク
昨年の1月に発売された1stアルバム「BABYMETAL」はじわじわと売れ続けていたわけですが、1月15日に日本レコード協会によりゴールドディスク認定を受け、出荷枚数が10万枚を越えたことが発表されました。

そう、10万枚以上売れる(出荷される)とゴールドディスクとなるのです。

今回は2014年12月時点で10万枚を超え、翌月である今月の15日にゴールドディスクと認定されました。


同時期に認定された邦楽アルバムは他に

12月発売
・いきものがかり『FUN! FUN! FANFARE!』
・EXILE ATSUSHI『Love Ballade』
・Kinnki Kids『M album』
・JUJU『Request Ⅱ』

11月発売
・中島 美嘉『TEARS(ALL SINGLES BEST)』
・BIGBANG『THE BEST OF BIGBANG 2006-2014』

がありました。


他の認定アルバムは11月から12月に発売されたものばかりで、短期間で10万枚を超えたということになりますね。

BABYMETAL』は2月から10か月かけて10万枚を売ったわけなんですが、その背景にはやはり2014年のベビメタの躍進というのが大きく関係しているんでしょう。

発売当初こそそこまででなかったものの、夏以降の海外の活躍もあり、徐々に知名度を上げつつCDも売れていったということですね。

そして、今では日本の有名アーティストと肩を並べるくらいの存在になったと。



というわけでまさに今ノリにノッているバンドなので、2015年はここからスタートし、さらにCDの売上を伸ばし、知名度を高めていくことと思われます。

現時点でも大したものなわけですが、今のBABYMETALの状況から考えると、まだまだこれからなんですよね。

過去と現在のCD売上の違い


BABYMETALのゴールドディスク受賞はすごいの?過去現在のCD売上枚数の違い
90年代後半(1998頃まで)は非常にCDが売れていた時代で、ミリオンセラー(100万枚)もバンバン出ていたわけです。

小室ファミリー全盛期の頃といえばわかりやすいかと思います。

1997年 シングル年間販売数  1億6782万7000
1998年 CDアルバム年間販売数 3億291万3000枚。

と、そこが歴史上最大のピークとなりました。

そして、1999年以上は減少の一途を辿ります。


シングルだと、1995年、1996年、1998年にはミリオンセラーを記録したのが20作以上だったんですが、1999年には9作、2001年以降は毎年1~数作出るくらいになってしまっています。

近年では、いわゆる”AKB商法“でABKやジャニーズアイドルだけはミリオンは出していますが、あれは純粋な数字にはならないですからね…。


CDシングル年間販売数

1997年 1億6782万7000枚
2007年   6169万5000枚
2009年   4489万7000枚

CDアルバム年間販売数

1998年 3億0291万3000枚
2011年 1億3416万4000枚

と、シングルでいうと1/3、アルバムだと1/2になってしまっています。

というわけでゴールドディスク認定基準も、以前の20万枚から、2003年7月以降は10万枚に改正されました。

単純に考えると昔だと今の売れてるはずってことになります。

BABYMETAL』でいうと20万枚くらいは売れてたことになるのかも知れません。


ちなみに2014年発売のゴールドディスク認定作品は60作くらいあるようです。

そこに入るってことはベビメタも十分売れっ子です。

Sponsored Link


BABYMETALはPerfumeを超えるか?


BABYMETAL Mステスーパーライブ出演の国内海外の反応まとめ
所属事務所AMUSEのパイセン「Perfume(パフューム)」はシングルは全てゴールド、アルバムでは2ndアルバム以降の全てがプラチナ(40万枚)かダブルプラチナ(80万枚)に認定されているというハンパない売れっぷりです。

そして、1stアルバム『Perfume〜Complete Best〜』は、後にリリースされた『ポリリズム』の大ヒットに連動して売れ続け、1年9か月かけてゴールドディスクに認定されました。



そういう意味でいうと、それほど知名度もないのに10か月でファーストアルバムがゴールドに認定されたベビメタはパフュームに続くか、超えるような存在となり得るのかも知れません。


BABYMETALがテレビにガンガン出たらほんとすごいと思うんですけどね。

まあそれをしないところがロック的でかっこよく、ファン心理をくすぐられるわけなんですが(笑)

BABYMETAL Mステスーパーライブ 神バンド台無しで微妙!感想
でも、これからはどうなんでしょうね。

もしかしたら今年は露出も増えてきたりするのかも知れませんし、その辺はわかりませんが。

下手にテレビなんか出たりしない方が自由な活動ができていいとは思うんですけどね。

さらなるマネーを得るならテレビに出てもいいのかも知れません。


理想をいうとバンプ・オブ・チキン(BUMP OF CHICKEN)的に「バンプが地上波生出演!」みたいなレアで価値を感じさせる出演の仕方ができるようになればかっこいいですけどね~。

バンプもしっかり固定ファンがついているので、テレビでプロモーションなんてしなくてもCDは売れるし、余裕でアリーナクラスでライブができちゃうアーティストです。

ついでにいうと私が中学生の頃からずっと好きなBUCK-TICK(バクチク)なんかも昔を知っている一般の人からは「え、バクチクってまだいるの?」なんて言われるんですが、結成から30年経った今でも武道館クラスでライブができるくらい固定ファンを抱えていたりします。

固定ファンだけで回せる(笑)という、そういう感じがアーティスト的には一番良いんですよね。

ベビメタが活動をこれからもずっと続けていけるように、私たちメイトがしっかり支えていかないといけませんね!

なんて、ファンの鏡ですね(笑)

今日のメタル


いつもメロスピだったりスラッシュだったり、ゴリゴリな感じが多いので、今日はちょっと違ったバンドを紹介してみたいと思います。


・Dizzy Mizz Lizzy – Glory(1994)




Dizzy Mizz Lizzy(ディジー・ミズ・リジー)は1988年にデンマーク・コペンハーゲンで結成され、1994年にこの「Glory」が収録されている1stアルバム『Dizzy Mizz Lizzy』でデビュー。



92年のNIRVANA(ニルヴァーナ)の大ブレイク後、HR/HM人気はグランジ/オルタナに取って変わられるわけですが、Dizzy Mizz Lizzyもそんなオルタナシーンの一バンドでした。

が、HRなサウンドにプログレ的な曲の展開だったり、北欧の哀愁漂うメロディはメロスピ的で、なかなかメタルを感じさせるバンドでもあり、当時の日本のメタルファンがこぞって聴いたものです。

泣きメロはとにかく日本でウケるんですよね~。

オルタナ全盛の中にあっても他に似たバンドはおらず、特異な存在でしたね。

1996年に2ndをリリースし、1998年に解散してしまったんですが…。

そして、2010年に再結成し、ツアーで5月に来日、9月29日の川崎クラブチッタ公演で再度解散しました。

最終公演が日本な辺り、日本での根強い人気がわかりますね。

img252fa73bzik1zj
Dizzy Mizz Lizzyに限らず、日本でも90年代後半に栄華を極めたバンドっていうのは近年再結成することが多いですよね。

これって、やっぱり90年代後半にCDが売れまくってたからなんですよね。

再結成してちょちょいと活動すれば、過去の名声からそこそこのお金は得られたりします。

その年代に学生だったりした世代は今はそこそこお金を持っているわけですし(笑)

うまいことやってんなーなんて思いつつ、私も昔を懐かしんでCDを買ったりライブへ足を運んだりしているわけなのです。


しかし、「Glory」は良い曲ですね…。

Sponsored Link

BABYMETAL 東京ドームライブ WOWOWで放送


9月19/20日の東京ドームライブがWOWOWで放送されます。


12/18(日)21:00~ 『RED NIGHT』
1/1 (日)20:00~ 『BLACK NIGHT』


WOWOWはネット経由で申し込むと初月無料で、2か月目は通常より安い1,800円となるので、12月に加入して『RED NIGHT』を見て、1月に『BLACK NIGHT』を見て解約すれば1,800円だけで済みます。

実際に登録してみたので登録方法を詳しく解説しています。
⇒ BABYMETAL 東京ドーム動画をWOWOWで視聴する方法


⇒ WOWOWオンライン



8 Responses

  1. かれー
    かれー at · · Reply

    Dizzy Mizz Lizzy 懐かしすぎる!
    私もこのアルバム買いましたよ。
    グランジ・オルタナ系はあまり聴かなかったのですが、このアルバムは評価も高かったので飛びついた次第です(笑)
    昔買ったCDをいろいろ漁ってみようかな。

    CDが売れていた時代はミリオン・ダブルミリオンなんて言葉をよく耳にしましたよね。今考えると幸せな時代だったんだなぁと感じます。
    海外のバンドも日本で売れるということもあってか、先行発売やボーナストラック付だったりで日本のファンにとってもありがたかったです。
    (ボーナストラックとライナー目当てで日本版を主に買っていました笑)

    最近は面倒くさくて iTunes で買うことも多くなったのですが、メタルだけは未だにCDで買っています。
    “物” として手元に残るってのがやっぱりうれしいんですよね~
    結構かさばるので置く場所がないんですけど(笑)

  2. TEA-J-METAL
    TEA-J-METAL at · · Reply

    最近、CDショップもあまり見かけなくなり、
    iTunesで基本買うので、CDセールスのみを数えることにどれほどの意味があるのでしょうか。そう言った意味でゴールドは凄いけれど、それがバロメーターとは正確には言えないと思います。

    DMLはオルタナの中でもメタルと言う括りで流行りましたね。僕はもろ煽りを受けてパール・ジャムやアリス・イン・チェインズと共にグランジに目覚めちゃったから、メタル的なバンドは追わなかったな。メロディアスな楽曲は日本ではよく受けたな。今聴くと新鮮ですね。このコラムは好きです。ガンガンお願いします。

  3. 匿名
    匿名 at · · Reply

    新宿百人町にロフトがあった頃、世に言うバンドブームが始まりかけの面白い時代がありました。ライブハウスだけでなく学園祭あたりでもギター小僧で上手い奴もいました。おめえら勉強してねえだろう、学費を親に返せと思いながらもニヤニヤしながら聞いてました。
    ライブハウスでは自主制作した安物のテープを売ってたりしてました。応援するつもりで何本か買いました。まあ、メジャーにはなりませんでしたけどね。でも楽しかった思い出です。
    ちなみにあの頃が日本では一番腕のいいミュージシャンがゴロゴロしていたと最近知り合ったギタリストが言ってました。
    また最近生音が見直されてきたので嬉しいとも言ってましたね。
    そういった意味でもベビーメタルのライブCDやBDが売れるのは良い事だろうと思います。
    ホント、最後にライブハウス行ったのはいつだっただろうかと思います。
    また街中にギターを背負った小僧がいっぱい見られるようになったらいいなあと思ってます。

  4. C3
    C3 at · · Reply

    自分はスラッシュ、デスメタルばかり聴いてきたので売上うんぬんの話はピンとこないんですが、好きなバンドの次の活動に繋がればいいと思ってCDで買ってます。
    ベビーメタルが売れることによってメタル自体も次世代につながっていくといいですね。

Leave a Reply