BABYMETAL神バンド大村孝佳の”Road of Resistance”ギター解説動画!


Warning: fread() [function.fread]: Length parameter must be greater than 0 in /home/orionis/babymetal.me/public_html/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

神バンドの中でも一際個性の強いギタリストの大村孝佳氏。

よくニコ生でBABYMETALのギターを披露しているんですが、最近『Road of Resistance』のギター解説をしていたみたいです。

Dragonforceサム・トットマンハーマン・リがギターを弾いているってことで、他のBABYMETALの曲とはまた違う感じのギターが聴けますし、ギタリスト的にも気になる1曲です。


Sponsored Link

神バンド大村孝佳の”Road of Resistance”ギター解説動画


この曲で一番印象が強いのはソロパートだったりしますが、一番のポイントっていうのは超っ速なバッキングの刻みのようですね。

一番難しい、というか重要なのが16分で弾きっぱなしのバッキングだとバッキングから解説。

そんなバッキングからソロまで存分に披露していくれています。


・BABYMETAL – “Road of Resistance” Takayoshi Ohmura(KAMIBAND)




たまに間違えちゃうところがお茶目で、そしてまだ慣れてないんだろうなーという感じがしますね。

神バンドのメンバーが間違えちゃうってことは、この曲のギターフレーズはソロだけでなくバッキングも含めてDoragonfrceのギタリスト2人が作ったものなのかも知れませんね。

で、しきりに重要だと語っている超速な16分の刻み

どんなものだろうと思って、私もやってみたんですが、やっぱりなかなかに速いです。

不可能な速さではありませんが、曲中ずっと刻んでいるのは大変ですし、ちゃんとアクセントも入れながらリフっぽい雰囲気を出すのは慣れが必要なのかも知れませんね。

大村孝佳氏も「忍耐力と慣れ」と語っています。


で、やっぱり気になるのがギターソロ

Dragonforceってそうなんですが、やたらとギターがピロピロしてるのでなんだかすごい難しそうなことをやっているんじゃないかと思っていたんですが、意外とそうでもないんですね。

2本重なっているのでなんかすごいことやってるみたいに聴こえるんですが。

だからと言ってパッと弾けるかと言ったらそんなことはありませんが(笑)

大村氏も若干怪しい部分もあったりして、妙に親近感を覚えてしまいました。


でも、ソロの後半は大変なことになっていますね。

これはかなりテクニカル…。

絶対弾けない(笑)


というわけで、こういう動画を見るとさらに曲の理解が深まりますね。

楽器の音がわかるようになると曲もさらに楽しく弾けるようになりますからね。

大村孝佳氏はよくニコ生でベビメタの曲を弾いてくれるので気になる方はチェックしてみるのも良いかも知れません。

Sponsored Link


今日のメタル


今日はギターのお話ということで、超絶ギタープレイを堪能できるナンバーを。

Van Halen(ヴァン・ヘイレン)の初代ボーカリストDavid Lee Roth(デヴィッド・リー・ロス)の1stアルバムの1曲。

レアメタル感もありますが。

ギターはスティーブ・ヴァイ、ベースはビリー・シーンという超絶技巧派を集めただけあって、とんでもないプレイが随所で見られます。

その中でも特にえらいことになっているのがこの曲。


・David Lee Roth – Shy Boy(1986)




もうなんというか、サーカスみたいになってますね。

ギターはもちろんすごいんですが、ベースでユニゾンしているビリー・シーンも恐ろしいです。

高校生の頃、ギターを始めたばかりの私にとって師匠的な存在だった同じクラスのHくんがそれはそれはギターが上手かったんですが、彼はこの曲を完コピしておりました。

目の前で見せられたときは衝撃的でしたね…。

こんな感じです。





もちろん私も挑戦してみたんですが、結局弾けるようにはなりませんでした(笑)

昔のギターキッズはこういうのが大好物だったわけですが、近年のメタルバンドってこういうギター弾かないですよね。

メタルの衰退と共にこういうギターも聴かなくなっていきましたし、あのメタリカでさえテクニカルなギターソロはやらない、なんて時代がありましたが、それがそのまんま今にも続いている感じなんでしょうか。

メタルといえばテクニカルなギターですし、こういうことやる人がもっといてもいいと思うんですけどね。

Sponsored Link


8 Responses

  1. かれー
    かれー at · · Reply

    大村氏の動画はニコ動で見てますが、御本人が解説付きでプレイしてくれるなんて本当にいい時代ですよね!
    ドラフォのギターの人も最初の頃はライブでグダグダでしたし、速さと正確さというのはプロと言えども大変なんだと思いました。
    RockSmithでもBANDFUSEでもいいのでゲームでベビメタ配信こないかな・・・・

    デビッド・リー・ロス懐かしいですね!
    ソロになってからもすぐブレイクして当時はよく聴いていました。
    この曲も好きでしたね。

    ・David Lee Roth – Yankee Rose (Official Music Vídeo castellano)
    ttps://www.youtube.com/watch?v=QaW-w3mZkgk

    会話するギターで話題になってたと思います。
    調べたら2,3年前に1年弱、日本に住んでたみたいですね。
    Van Halen も好きだったのでいろいろ聴き直してしまいました(笑)

    1. かれー
      かれー at · · Reply

      すみません・・・・
      オフィシャルってあったので上のURLを貼ったのですが、何か記憶してる歌詞と違うなーと思ってよく見たらスペイン語版でした(笑)

      ・David Lee Roth – Yankee Rose
      ttps://www.youtube.com/watch?v=zIjACBLhP2k

      ホント、紛らわしいですね(笑)

  2. C3
    C3 at · · Reply

    メキシコみたいな標高の高い所でライブの〆がこの曲とか大丈夫ですかね?神が酸欠とか(笑

  3. まるるん
    まるるん at · · Reply

    神バンドは近くに感じます
    すごいアーティスト達なんだけどツイッターとかにこ生とか気さくだからかな?
    ↓これとかよく見てますけど大村さんのGuソロ3:00くらいんとことか好きです!
    ↓それからマーティも同じく感じますwすごい人なんだけどw
    Takayoshi Ohmura ( 大村孝佳 ) Live Guitar Solo @ L’empreinte Paris 2014 Guitar Universe Friedman Gus G
    ひまーな時に見てくださいw

Leave a Reply