KOBAMETALって誰?BABYMETALプロデューサー

[更新情報]
記事公開:2014/9/25
追記:2016/8/28

この夏は多いに盛り上がったであろうBABYMETALさんたち。

基本はアイドルなので、メンバー全員がかわいいのは当たり前として、何しろウケている部分というのはメタルをバックグランドにした世界観でしょう。

babymetalステージ
とはいえ、ももクロだって、メタルを感じさせる曲なんかはあったりしますし、そういう意味ではももクロの方が先手。

ですが、ももクロはそこをメインとしているわけでもなく、一方メタリックな部分をごり押ししたのがBABYMETAL

ファン全員がメタルが好きなのかどうかはわかりませんが、私は何しろBABYMETALのメタルをごり押ししてくる感じがたまらないわけです。


神バンドの生演奏っていうのも最近のアイドルではありえない話だし、アートワークまで徹底的にメタルなわけです。

特に最近その傾向が顕著になってきます。

今考えると初期はメタル感ちょっと控えめです。

だけど、「アイドル」っていう部分がまたたまらない魅力なわけですよね。

で、そんなメタルアイドルをプロデュースしているのがKOBAMETAL氏。


Sponsored Link


KOBAMETALってどんな人?


kobametal中の人小林啓
同じメタル好きから言わせると、KOBAMETALもメタルを愛してやまない人なんだっていうのはよくわかります。

「メタルっぽいコンセプトで行けばウケるんじゃね?」とかそんな薄っぺらいビジネス根性ではなく、純粋にメタルが好きなんだろうなーというのがひしひし伝わってきます。

逆に言えばただのメタル好きですが(笑)

で、曲だったり、世界観だったりの随所にX JAPANへのオマージュが見られます。

babymetalとX JAPANがMステ共演実現!
X世代というと、広く見ても30~40歳前後の人でしょうね。音楽的な背景なんかを踏まえると年齢は40歳前後だと思われます。


もう勝手な想像でしかないんですけど、メタル人間の目線から見るとまずそんな感じではないかと。

Xは、とっくに”JAPAN”がついていて「DAHLIA」くらいから、洋楽だとANGRA(アングラ)が売れちゃった頃くらいからがリアルタイムな世代。

このニュアンス伝わりますでしょうか。

スラッシュメタル四天王
ちなみに私はXは”JAPAN”がつく前で、スラッシュ四天王辺りが神な世代です。

なので、KOBAMETAL氏ってほんとにメタルを愛してやまないんだろうなあってことが手に取るようにわかるわけです。

で、KOBAMETALって誰なの…?


若干話がずれてしまいましたが、そろそろ核心について。

ぶっちゃけネットで得られる情報くらいしか知識がありません。

で、されているのが2人。


1人は、神バンドの過去のサポートメンバーである、地獄カルテットのギター・小林信一氏。

地獄カルテット小林真一
バンドでの活動はもちろん、講師としても活躍されてる、今年で44歳になるベテランギタリストです。

地獄カルテットのボーカルがAIONのNOVさんだったりと個人的にはまた灌漑深いものがあるのですが。

地獄カルテットnov
AIONはXのブレイクに続け、という感じで出てきたバンドだったんですが、音楽性がX程キャッチーではなく、売れませんでしたが…。

でも、好きでした。


…うーん、メタルの話になるとどうしても話が脱線してしまいますが、小林真一説はどうやらガセのようです。


もう1人がBABYMETAL所属事務所「AMUSE(アミューズ)」の社員である小林啓(こばやしけい)氏。

この方な線が濃厚です。

※この話は2014年当時のもので現在はすっかりその存在が知られています。まさしくKOBAMETALは小林啓氏です。前はそんな話があったんだなーくらいで見てください。

小林啓氏の経歴


小林啓氏は日本のメタル系(あくまで系と言っておきます…)バンドとしては、なかなかの地位を築いたSIAM SHADE(シャムシェイド)の元マネージャーと、やはりメタル的な経歴を持ちます。

るろ剣主題歌「1/3の純情な感情」は知らない人がいないくらい有名ですよね。



アミューズに入社した当初、ビジュアル系大ブームの頃で、CASCADEのメディアプロモーションも担当。

SHAZNAの大ブレイク後の’98年~2000年初頭くらいですね。


その頃新入社員ということは、30代後半かもですね。

その後は、アミューズ内のインディーズレーベルでハーコドコア・ラウド系バンドの制作宣伝業務を務める。

ヌンチャクバンド
確かにビジュアル系全盛の裏で、インディーズシーンでは、ハードコア/パンク・ラウド系全盛でした。

Sponsored Link


AMUSEにはミュージシャンから俳優、子役まで幅広いタレントが在籍していますが、小林啓氏はその後キッズ事業室に出向になるんですが、そこにいたのが 「可憐Girl’s(かれんガールズ)」に在籍していた中元すずか。


可憐girl’s – Over The Future




若き日のSU-METAL(当時はSUZUKA)がいますね。

当時11~12歳くらい。



2008年、オーディションで選ばれた小学生ジュニアアイドルで結成し、Perfumeの妹分としてプロモーションされていたんですが、2009年の3月31日に任務完了として解散

シングル2枚、アルバム1枚を残しています。




で、中元すずかの歌の才能を買っていた小林氏啓氏は、Perfumeに続くようなグループを作りたいと思い、2010年にさくら学院の重音部所属のグループとして「BABYMETAL」を結成。


小林啓氏にも歴史あり。

SU-METALにも歴史あり。


BABYMETAL結成の経緯なんかについてはこちらで詳しく紹介しています。
BABYMETALプロデューサーKOBAMETALインタビュー記事”音楽主義”DL可能DEATH!


というわけで、まさしく小林啓氏がKOBAMETALなのです。

ちなみに中の人はこの人です。

kobametal中の人小林啓
BABYMETALが出演したメタルフェス「Sonisphere」でのメタリカ(Metallica)のステージ上で、BABYMETALTシャツを着てギターを弾くカークの横で超嬉しそうです。


・Metallica – Creeping Death Live Sonisphere Festival




「Creeping Death」演奏時にスタッフや出演者が思わずステージ袖から出てきちゃった感じですね~。

小林啓氏はじめ、神バンドメンバーも「Die!Die!」と嬉しそうです。

これはメタリカファンにはたまらないでしょう。


KOBAMETAL氏の海外メディアインタビュー記事
BABYMETALプロデューサーKOBAMETAL(小林啓)英インタビュー記事翻訳

KOBAMETALの音楽遍歴


で、KOBAMETALの音楽遍歴・嗜好っていうのがもうそのままBABYMETALに反映されている感じです。ほんとやりたいことやってるなーって感じです。

重要なメタルとの出会いについてですが、小学校6年のときに聴いた聖飢魔IIでした。

聖飢魔II
聖飢魔IIは1982年結成、1985年にアルバム『聖飢魔II〜悪魔が来たりてヘヴィメタる』デビュー。




1986年にシングル『蝋人形の館』、アルバム『THE END OF THE CENTURY』をリリース。




当時同じく小学生だった僕はあまり知りませんでしたが、以降テレビ番組『ザ・ベストテン』にも主演し話題を集め、シングルはオリコン初登場17位ながら30万枚を超え、アルバムはオリコン5位を記録。
『聖飢魔II 悪魔の逆襲』というファミコンソフトまで発売されます。



もちろんファミコンはやりまくってたわけで、このソフトで僕は聖飢魔IIの存在を知ります。やってませんけどね。発売日は1986年12月25日。クリスマス商戦を狙った感じで、そういえばそんな時期だった気がします。ドラクエでいうとIIが発売される少し前くらいですね。

当時僕は小5だったわけですが、そう考えるとやっぱりKOBAMETAL氏は同年代な気がしますね。

何故ファミコンソフトだったのかは謎ですし、そちらはあまり話題になっていた覚えはありません(笑)なんとMSX2版まで発売されています。
当時ファミコンは大流行してましたし売れる売れないは別として話題作りの一環だったんでしょうか。みうらじゅん氏曰く”クソゲー”とのこと。確かにプレイ動画を見ても全然面白くなさそう…。


で、メタルの洗礼を受けたKOBAMETAL氏はさらにメタルにのめり込んでいったであろうと思われますが、こちらの記事を読むと音楽遍歴や嗜好についてよくわかるのではないかと思います。

BABYMETALを紐解く29枚のメタルアルバム解説 -前編-

BABYMETALを紐解く29枚のメタルアルバム解説 -後編-

Sponsored Link
 


16 Responses

  1. ジジメタル
    ジジメタル at · · Reply

    カークとKOBAが映っている写真はSonisphere最終日のトリMetallicaの演奏時のものです。神バンドメンバーも全員が参加して盛上がっています。ベビメタ3人がこの時何をしていたかは不明。昨年のフェスのセッティング時にKOBAさんよく出てきていました。間違いありません。

  2. 匿名
    匿名 at · · Reply

    ソニスフィアの画像ではないでしょうか

  3. 匿名
    匿名 at · · Reply

    ブログ主さん、あの画像はソニスフィアのものですよ。
    知らなかったですか?

  4. 最後の写真は、
    最後の写真は、 at · · Reply

    今年のSonisphereですね。

  5. それと、
    それと、 at · · Reply

    「アミューズのキリスト」と呼ばれているらしいので、ルックス的にもばっちりですね。

  6. 匿名
    匿名 at · · Reply

    食事中のBOH氏に「BABYMETALの方ですよね」と声を掛けてきたメタリカのスタッフ(日本人)の方から、「(何かに当選して)メタリカのステージに立つファンと一緒にステージに上がりませんか?」と言うお誘いがあったそうです。
    青山氏はホテルにいたので、LEDA・BOH・小神の3氏とKOBAMETAL氏が
    メタリカのステージへ。

    ちなみにソニスフィアのセッティング中の動画ではKOBAMETAL氏が
    バミっている姿が確認出来ます。

  7. 名無しですみません
    名無しですみません at · · Reply

    ちょっと気になる点があるのですがよろしいでしょうか。私が知っている
    情報では小林氏は可憐ガールズには関わっていないという事だったのですが、
    ここで記載されている事はどこから来たものでしょうか。

  8. Kaz-T
    Kaz-T at · · Reply

    Perfume的な原型から重音部へ発展したBABYMETALですが、トリオとしては、往年のMi-keパターンに見えます。
    BEBYMETALではやがて卒業でしょうが、本格的なメタルで、妖しく美しく昇華してLADYMETALへ駆け上がってもらいたい。

Leave a Reply